フリーランスなら使いたい見積もり・請求書・領収書が発行できる会計ソフト

フリーランスになると避けては通れないことがあります。

それは見積もりや請求書の発行、入出金の管理、経費の精算など経理処理です。

会社で経理を経験していた人にとっては、さらっとこなせるかもしれませんが、一度も経験がないとどうしていいかわかりませんよね。

フリーランスとして仕事をする上でどうしても避けては通れないので、フリーランスになったらまず経理できる環境を整えるのがおすすめです。

そこで僕も使っている経理の経験がなくても使うことができる会計ソフト2つを紹介します。

フリーランスの見積もり・請求書発行はfreeeがおすすめ

フリーランスとして見積もりと請求書を発行をするには、いくつかの会計ソフトがありますがその中でもfreeeがおすすめです。

freeeは見積もりや請求書の発行がメインではなく、確定申告にも対応した経理処理ができます。

クレジットカードや銀行口座を登録すると支出と収入の管理から、経費精算まで日常のめんどくさい経理処理がとても楽になります。

freeeは年額と月額の有料プランですが、無料で30日間使えるプランがあり、まずはお試しで使ってみると良いですね。

領収書が必要ならMisocaを使おう

フリーランスが確定申告まで考えて会計ソフトを使うなら、freeeだけで事足りるのですが、ひとつだけfreeeではどうにもならないことがあります。

それは領収書の発行です。

取引相手によっては、支払いが銀行振込であったとしても領収書をくださいと言われることがあります。

そんな時の場合に備えて、Misocaは使えるようにしておくのがよいと思います。

freeeとMisocaで日常の経理から確定申告まで行う

先に書いたようにfreeeは確定申告まで対応していますが、領収書の発行ができません。

そこで僕はfreeeとMisocaの両方を使うようにしています。

使い分けは下記です。

見積もり・請求書・領収書の発行はすべてMisocaでやってしまい、経理処理と確定申告はfreeeを使っています。

2つのサービスの使わけがはっきりしているので、おすすめの組み合わせです。

プログラミングの疑問は無料のQAサイト「teratail」がおすすめです。