クラウドソーシングで副業を始めたい人が失敗しないためのまとめ

副業でクラウドソーシングを始めてみたいと思いませんか?

興味はあるけどまだ何もできていないという人もいるのではないでしょうか。

僕はフリーランスとして2016年からクラウドソーシングを使い始めました。

これまでクラウドソーシングを使ってきて知見が溜まってきたので、これからクラウドソーシングを始めたい人に向けて失敗しないためにチェックしたいことをまとめてみました。

クラウドソーシングでの副業はすぐに始められる

クラウドソーシングはネット上で仕事のやりとりをするため、すぐに始めることができます。

始めるにはまずクラウドソーシングのサイトに登録するところから始めますが、下記の2サイトが大手です。

両方とも無料で使うことができるので、とりあえず登録してみてどんな仕事があるのか、確認してみるのがよいですね。

クラウドワークスとランサーズどっちがおすすめ?

クラウドソーシングのサイトというとクラウドワークスとランサーズが大手というの先に書きました。

僕はどちらも利用していますが、圧倒的にクラウドワークスがおすすめです!

アプリやサイトが使いやすく「仕事をしてから入金が早い!クラウドワークスのクイック出金が素敵」で書いたように入金を早くしてもらえる仕組みがあります。

クラウドワークスがおすすめな理由は「副業するなら知っておきたいクラウドワークスがおすすめな理由」で書いたので読んでみてください。

クラウドソーシングは単価が安いってホントの話?

クラウドソーシングは単価が安いという話を聞いたことある人がいるかも知れません。

実際のところどうなのかというと、安い仕事というのはあります。

ただそれはどれだけの時間をクラウドソーシングの仕事に充てているのかという点において、収入に差が出てしまうのは当然のことですが金額にだけスポットが当たっている感も否めません。

もちろん仕事内容にもよりますが例えば副業で月数万円レベルで稼ぐことはできるし、本業としてやれば20万程度稼ぐこともできます。

バイトや会社だって働く時間が短ければ給料が低くなるのと変わりありませんからね。

クラウドソーシングでしっかりと単価設定したい人のために「損したくない!クラウドソーシングの単価が安い時に見直す3つのこと」を書いたので、読んでみてください。

信頼を高めるための返信スピードに注意しよう

クラウドワークスもランサーズもコミュニケーションは仕事ごとに、1対1の掲示板のようなものを使って文字でやりとりします。

仕事によってはChatWorkやSlackというようなチャットツールを使いたいという発注者もいますが、どちらにしても文字でのやりとりが基本となりそんな時に大事なことがあります。

それは返信の早め早めを心がけることです。

返信スピードの速さは信頼性を高める大きな要素のひとつなので、信頼を得ると継続的に仕事をもらえるようなチャンスも生まれます。

どうして返信が重要かは「メールの返信が早いと仕事ができるという言われる理由」で書きました。

失敗を恐れず稼ぐためにとにかく始めてみよう

すぐに仕事を始めるかに関わらず始めるためにはとにかくサイトに登録して、仕事を探してみないと始まりません。

一歩踏み出すためにまずは始めてみてどんな仕事があるか見てみましょう。

この記事ではクラウドワークスとランサーズを紹介しましたが、まずは僕がおすすめするクラウドワークスを使ってみるのが良いと思いますよ。

収入アップがんばりましょう!

プログラミングの疑問は無料のQAサイト「teratail」がおすすめです。